お気軽に
お問合せください

国内挙式と海外挙式を比較! ホントにお得なのはどっち?!

結婚が決まって式場を検討するなかで、海外ウエディングに憧れを持つ女性も多いのではないでしょうか。だけど、海外での挙式は国内と比べて「資金はどうなの?」「ゲストへのおもてなしは?」など分からないことも多いですよね。そこで、国内と海外挙式の違いや魅力をまとめてみました。

リゾート挙式と和装挙式の比較

[リゾート挙式]

①準備期間

リゾートで挙式をあげる場合は、半年前が一般的。「旅行ついでに挙式をあげちゃおう!」と2、3か月前でも気軽に始められるのが特徴です。準備は手配会社のコンシェルジュがしっかりサポートしてくれるので安心。新郎新婦の準備がシンプルなのも良いところです。

②費用

150万円前後。準備は現地の式場に任せてしまうケースがほとんどで、かかる費用の内訳は挙式・パーティー・渡航費・滞在費などです。
ただ、呼べるゲストの人数が限られているので、帰国後にパーティーなどをする場合は別途費用がかかってしまうこともありますね。

③挙式をあげる季節や時期

4〜6月、9〜11月は旅費も安くなるため最も多い時期。親族や友人ゲストをたくさん呼ぶ場合は、日本で長期休暇が取れるGWや夏休みなどが多いようです。

④ゲスト

新郎新婦のみ、または親族のみといったケースがほとんど。友人を招待する場合でも10〜20人で本当に呼びたい人だけを集めるといった感じです。ゲストの旅費はゲストがご自身で負担するケースがほとんどです。お二人だけでこっそり挙げたいという方にはぴったりですね♡逆に「少人数で寂しい……」という方、現地でのスタッフが多いに盛り上げてくれるのでご心配なく。

⑤衣装

レンタルされる場合が多く、購入しなくても現地のサロンが全て対応してくれるので安心です。帰国後にお披露目パーティーを予定されている方は購入する方もいるようです。

⑥新婚旅行

挙式→新婚旅行の流れを検討している方がほとんどです。すべて盛り込むことできるので費用面でもお得です。

[和装挙式]

①準備期間

1年くらい前から式場を決めて余裕を持って準備する方が多いですが、最短で3か月前という方もいます。

②費用

ゲストを呼ぶことが多いため広い式場を選ぶとなると、相場は300万円前後。ウェルカムボードや招待状など、こだわり次第で差が出てきます。ただ細かい希望をいろいろ出せるところが国内挙式の良いところかもしれませんね。

③挙式をあげる季節や時期

5〜6月、9月〜11月が多く、大安の日や土日祝日が多数。

④ゲスト

アットホームに行うカップルも増えてきましたが、平均的にゲストは両家で70〜80名ほど。ですが、近場で挙式をあげる場合はゲストも多くなるのが普通。ですが人数に制限などせず、めでたい日は呼びたい方を招待しましょう!

⑤衣装

最近では、当日気に入ったサイズやデザインが選べるかわからない、レンタルも購入も費用がほとんど変わらない、など購入される方が増えているとか。選ぶドレスのよって新婦さんの体型キープが重要になってきます。サイズ選びには気を付けましょう。

⑥新婚旅行

人気のエリアはやっぱりリゾート地。挙式費用とは別に新婚旅行費がかかってしまうのが難点ですね。仕事の都合で挙式後しばらく経ってから行かれる方も多いようです。

リゾートウエディングの魅力3つ

その1.新婚旅行も一緒にできる

忙しいカップルにはオススメで人気。一度延ばしてしまう新婚旅行の計画を再度……となるとだいぶ先になってしまうこともありますよね。リゾートウエディングは挙式→新婚旅行が同時に実現できるので、なかなか長期休暇が取れない多忙なお二人にはぴったりです。

その2.思い出作りに◎!ロケーションが最高♡

国内では味わうことのない絶好のロケーションに憧れている方も多いはず。特にブルーの透き通った海や重厚なカトリック教会、緑に囲まれた自然豊かな環境、その場にいるだけで心が清らかになっていく感覚を味わえます。映画に出てきそうなシーンで家族やゲストと一生の思い出を作れるリゾートウエディングは人気ですね。

その3.手配も簡単!意外と費用がかからない

「飛行機に乗るし、ホテルも高そう、ドレスとか準備などいろいろ面倒なのでは?」と思いがちですが、そこは勘違いです。一般的には近場で挙式と披露宴を挙げるよりも安く済みます。新婚旅行と挙式の一体型なので手配も簡単だし、リーズナブルですよね。

先にご紹介したリゾート挙式と和装挙式の比較でもご覧いただいたように、リゾートでの相場は150万円前後、和装(内地)では300万円前後なので約半分に抑えられるのはとても魅力的ではないでしょうか。
リゾート挙式と和装挙式、メリット・デメリット、お二人の周りの環境によってどちらがいいのか、情報収集とリサーチを進めて納得のいく挙式を選んでくださいね。
ただ、忘れてはいけないのが結婚式は誰のものでもなく、お二人のものということです。お二人がどんな挙式にしたいのか考えて費用調整していきましょう。