「海外ウェディング」を選ぶ理由には意外にも、少人数婚にしたいから?

今人気の「海外ウェディング」。とくに南の島、リゾートを選ばれるカップルが多いのですが、なぜ人気が高まっているのか、何が魅力なのでしょうか? 調べてみると意外な理由が判明しました。今回は海外ウェディングが選ばれる理由についてお届けいたします。

引き出物、招待客、席次表…とにかく細かくて煩わしいことがない!

誰を招くのか、どこに座ってもらうのか、引き出物やスピーチ依頼はどうするのか? など披露宴の準備は多くてストレスになりかねません。仕事をセーブできる方ならいいけれど、通常の仕事をしながら準備をするのはとても大変です。どちらかに任せっきりというカップルも少なくありません。

また、遠距離の場合やふたりの予定がなかなか合わない場合、限られた時間の中で調整しなければなりませんよね。それを乗り越えることは夫婦の絆を深める最初の試練にもなりますが、ケンカになることもしばしば。しかし海外ウェディングでは、このような細かい準備や段取りにしがらみがないのです!

海外ウェディングは基本的には少人数で行われ、ふたりだけで挙げるケースもあれば親族のみを招いて行う場合もあります。実は、あえて少人数やふたりだけで挙式を挙げたいという理由から、海外ウェディングを選んでいるカップルも多いのです。その理由には、経済面やお腹に赤ちゃんがいる、本当に親しい人だけを呼びたい、実はどちらかが再婚なのであまり人を呼びたくない、友人や知人が少ない、親族を呼びたいけれど遠方で気がひける、大人数での人前に立つのが苦手という様々な事情があるようです。

ハネムーンを兼ねて楽しめる

披露宴の準備や手配、日取りなどに時間を取られるとハネムーンはまた時間のある時に、なんて延期になることも多いものです。海外ウェディングは挙式と併せてそのまま新婚旅行ができるので、多忙なふたりにはおすすめです。意外かもしれませんが計画を立てるのが面倒だというカップルにもぴったりです。

費用がおさえられる

結婚前後は家探し、引越し、家具や家電を揃えたりと挙式以外にも出費が多いですよね。海外ウェディングは「飛行機に乗るし、ホテルに泊まるし高そう!」というイメージがあるのですが、ハネムーンと挙式を兼ねるケースもあり、手配も簡単で費用も意外と抑えられます。 「ゲストの旅費も負担するんでしょう?」という旅費の不安も心配いりません。少人数のため日本で挙式と披露宴を行うよりも安く済む場合が多いようです。海外ウェディング後に日本でパーティーを予定している場合でも、規模や条件などを決めて行えば予算内でおさまりますよ。

打ち合わせ回数も少ないのでラク、手軽!

海外ウェディングの出発までの流れは大まかに以下の通りです。
[店舗来店]→[旅行先・挙式会場の決定]→[挙式やパーティー内容・ドレスと小物の決定]→[最終確認・入金手配]→[出発準備・荷物確認]→[出発・現地到着(挙式当日)] 国内挙式に比べると決めることが少ないので、打ち合わせが少ない点も魅力です。結婚が決まったら半年~1年前から計画するのが理想ですが、3ヶ月などの短期スケジュールで決める方もいます。 挙式予定を決めたら、ゲストの宿泊、ホテルの予約や空港の移動手段など新郎新婦が手配することもありますので、コンシェルジュや経験豊富なプランナーと相談して余裕を持って決めていきましょう。

憧れだった! 思い出に残る!

海外ウェディングに憧れを持っている、ふたりの共通の趣味や思い出深い場所がある、好きな有名人が挙式した場所で私も挙げたい、世界遺産の街を舞台に、思い出に残る挙式に憧れがある、両親を海外旅行に連れていき親孝行したい、など「憧れ」は「行動」することで現実になります。日本では味わうことのできない景色や環境、開放感あふれるチャペル、海や緑に囲まれた自然豊かなリゾートは、心が安らぎます。ぜひ、ふたりの挙式をイメージしてみてください。

海外ウェディングの選ばれる主な理由について、今回は意外な裏事情も含めてご紹介しましたが、新婚旅行や親孝行、経済面などを背景にした理由が多いようですね。結婚式はたった1日の出来事ですが、一生のうちでも重要なイベントですよね。そんな結婚式を思いっきり開放感のある海外で挙げてみてはいかがでしょうか。

来店予約