来店予約はこちら

News

ニュース

CONTENTS

2020.03.02

【先輩カップルに聞く!】初めての海外でリゾートウエディング…あると便利なお役立ちアイテムはコレ!

心がおどる初めての海外、初めてのリゾートウエディング。楽しい式のワンシーンも思い浮かべる一方、「パッキング、忘れ物しないようにしなくちゃ…」「何を持っていけばいいの!?」と、悩んでしまいますよね。今回はそんなお悩みにお答えして、海外の旅行先に持っていくと便利なお役立ちアイテムをご紹介します。

■ 海外旅行の準備スタート前に気をつけたいこと

・スーツケースはひとり1つ持って行くことがベスト
「スーツケースは、ふたり一緒でいいよね!」なんてカップルが多いですが、気をつけてください!ふたりの荷物を1つにまとめてしまうと、行きの時点でスーツケースはいっぱいなはず…。帰りのお土産が入らなくなってしまいます。先輩カップルの中には「帰りの空港で急遽、スーツケースを購入した」「重量オーバーでチャージを払うことになってしまった…」なんて方も。
スーツケースはひとり1つ準備をして、行きは半分以上の空きを作っておくとベストです。

・スケジュールには余裕を持って準備しよう
準備は最低1週間くらい前から始めましょう。特に海外に行くのが初めてという方は、何が必要で何を買い足すべきかというチェックリストを作っておくのも手です。直前に慌てて荷物を詰めると、うまく荷物が入らなかったり、忘れ物が多くなったりしてしまいますよ。

・体調管理に気をつけて!渡航前に体のコンディションを整えておく
風邪をひいたまま海外へ、なんて不安な旅は嫌ですよね。そうならないためにも、渡航前は普段より体調管理に気をつけましょう。万が一、体調を崩してしまった場合は必ず医師に相談を。体の状態や、渡航先の環境に合わせた薬を処方してもらいましょう。また、旅行中の薬も必要なので、事情を説明し、量を多めにもらっておくと安心です。

・スーツケースの中にワレモノを入れるのは要注意
空港ではスーツケースを丁寧に扱ってもらえるとは限りません。スーツケースの中で化粧品のビンが破損してまった…なんてことも。ワレモノをスーツケースに入れる場合は、しっかりと保護しましょう。

■先輩カップルに聞いた!あると便利なお役立ちアイテム

[衣類編]

・上着
防寒対策の必須アイテムです。寒い国ならもちろん、南の島に行く場合も冷房対策に上着は必要です。空調の効いた機内でも役立つので、上着やストールを1枚用意しておくと便利ですよ。

・日焼け止めまたは日焼けオイル
南の島の紫外線は要注意!日本の紫外線よりも強いので、肌を痛めてしまいます。日本の紫外線と比べてみると、ハワイはおよそ3~6倍、グアムは4~6倍、オーストラリアは6~8倍です。しっかりと日焼け対策をしましょう。また、海外の日焼け止めやオイルは肌に合わない場合があります。日本から持参し、こまめに塗り直すことをおすすめします。

・スリッパ
機内の室内履きとして、用意しましょう。また、ホテルにスリッパがない場合が多いので、簡易のスリッパが1つあると快適に過ごせますよ。

[洗面具・薬編]

・シャンプー、リンス、ボディソープ、洗顔フォームなどのソープ類
海外のホテルは、日本のようにアメニティが充実していないこともあります。そして、水質や日差しのせいで髪は傷みやすく、お肌は敏感になっていますので、普段から使い慣れたものを持参することをおすすめします。
さらに、空調の関係で部屋が乾燥しやすい場合もあります。急な環境の変化に対応できるよう、保湿成分が入ったフェイスパックを用意しておくと便利です。

・常備薬
普段から飲んでいる胃薬や風邪薬、下痢止めなどを常備しておきましょう。現地の薬は、日本人用に作られていないので体に合わない場合も。乗り物に酔いやすい方は酔い止めも必須です。

・虫よけスプレー、虫刺されの薬
南の島へ行く方には必須のアイテムです。小さなカバンにも入るような、ミニタイプのものを用意すると持ち運びしやすいですよ。

[雑貨編]

・折りたたみの傘
場所によっては、急なスコールに1日何回も見舞われる国もあります。突然の雨にも対応できるよう、用意しておくと安心です。

・変換プラグ
貸し出し可能なホテルもありますので、事前に確認をしておきましょう。1週間以上の滞在を考えている方は、現地の電圧とコンセントの型を調べて準備しておくことがベターです。

■早めの準備で、素敵な思いで作りを!

初めての海外、準備は余裕を持って始めましょう。渡航先の環境や、ホテルの設備を事前に確認しておくことも大切です。そして、アメニティや薬類はリゾート地で購入することも可能ですが、日本人の体に合わない場合もあります。普段から使い慣れたものを持参することをおすすめします。より充実したリゾートウエディングになるよう、持ち物リストを作り、計画的に準備を始めると良いでしょう。旅は、準備の時点で始まっていますよ!