来店予約はこちら

News

ニュース

CONTENTS

2020.03.06

せっかくのリゾートウエディングで突然の雨!雨でも楽しめるウエディングとは?

楽しみにしていたリゾートウエディングの当日に、「いきなり雨が降ってしまったらどうしよう…!」なんて不安に思う方も多いと思います。今日はそんな不安を取り除くべく、雨とウエディングの関係をプラスに変える方法をご紹介します。

■結婚式当日の雨!実はそれって縁起が良い証拠

式当日の雨なんてがっかり…という声をよく聞きますが、実は縁起が良いとも捉えられるんです。雨にまつわるフランスの古い言い伝えでは、雨の日の結婚式は神様がふたりを祝福している証拠だと言われています。かわいい天使たちが舞い降りて、ふたりを祝福しているそうで、そう考えると、とてもロマンティックですよね。
また、日本のことわざでも「雨降って地固まる」という言葉があります。式当日の雨は、今後のふたりの未来を安定したものに導くとされているのです。

いかがでしょうか。少し雨の見方は変わりましたか?

■雨の日にしかできない!結婚式をさらに楽しむ方法

その1・結婚式の衣装に雨具を取り入れる。
傘や長靴などの雨具を、思い切って衣装として取り入れてみてはいかがでしょうか。先輩カップルの中には、カラフルな傘を参列者に持ってもらう、新郎新婦でおそろいの長靴を履く、など雨を演出として楽しんでいる方もいました。

その2・雨の日にしか撮影できない写真を撮る。
縁起が良いとされている雨。海外では、あえてウエディングフォトを雨の日に撮影する方もいます。晴れの日には撮影できない、フォトジェニック写真を撮影するのも素敵ですよ。

その3・雨をテーマにした会場のデコレーション
雨をモチーフにした会場の装飾や音楽などを式に取り入れ、会場を大いに盛り上げましょう。また、参列したゲストに向けて雨の日ならではのギフトを用意するサービスもおすすめ。長靴や傘の形をした愛らしいクッキーなど、ちょっとした心遣いでゲストにとっても忘れられない思い出の式となるはずです。

■各国の平均降雨量をみてみよう
日本の6月は梅雨ですがジューンブライドということでウエディングシーズンで人気の月でもあります。

式を挙げるリゾート地の雨期を知っておくことは、大切なことです。リゾートウエディングで人気の国をピックアップし、各国の雨期情報をお届けします。気候の特徴をよく知り、その国の気候に合ったウエディングプランを考えましょう。

[ハワイ]
ハワイの雨期は10月後半から3月上旬までです。しかし、ハワイの雨はシャワーのようなにわか雨。雨上がりには虹が見えることが有名で、ホノルルは「虹の都」と言われるほどです。

[グアム]
グアムの雨期は6月から10月。特徴は南国特有のスコールが降ります。しかし、一日中雨ということはほとんどなく、すぐに止んで晴れ間が戻ることが多いです。年間の平均湿度は72%と高めですが、東の風が吹き抜ける過ごしやすい気候です。

[パリ]
バリの雨期にあたる季節は11月から3月にかけてです。
バリ島の雨期は日本とは違い、スコールのような雨が短時間降るのが特徴です。強い雨が一度に大量に降りますが、降っても1、2時間程度で止みます。また、一年通して気温が高いバリ島ですが、この時期は比較的過ごしやすい気候だと言えるでしょう。

■雨が不安な場合は、雨天保証の相談を!

当日のお天気に恵まれず式が挙げられない、撮影ができないという場合に役立つのが雨天保証のサービスです。
希望の天候にならなかった場合、時間の変更や予定を延期できる場合があります。
また、フラワーシャワーについては、バージンロードを使ってフラワーシャワーを行う方法もあります。ビーチフォトは、ホテルやサロンなどおしゃれな場所を利用してたくさん撮影できたり、別日の晴天時に取り直すことも可能です!

雨天時のサポートについてはさまざまありますので、心配な方はぜひ事前にご相談ください。