1. TOP
  2. /
  3. News
  4. /

News

ニュース

CONTENTS

2023.07.21

沖縄の結婚式、雨の場合はどうなる?

国内でありながら、南国リゾートの美しいロケーションが魅力の沖縄での結婚式。しかし「結婚式当日に雨が降ったらどうなるの?」と不安な気持ちもありますよね。

そこで今回は、沖縄の結婚式で雨が降った場合の対応や、万が一でも安心して当日を迎えるための事前準備のコツをお伝えします。
また、実際に雨の日に沖縄で結婚式をしたカップルの体験談も紹介します。

この記事を読めば、結婚式当日がどのような天気になったとしても、きっと楽しめるはず。少しでも安心して"ハレの日"を迎えるためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。


<トピックス>
・沖縄の天気は変わりやすい?沖縄の結婚式で雨が降った場合の対応
・万が一の雨でも大丈夫!沖縄の結婚式当日を安心して迎える事前準備のコツ
・雨を味方に変える!?沖縄での結婚式には雨の日ならではのメリットも

|沖縄の天気は変わりやすい?沖縄の結婚式で雨が降った場合の対応

沖縄の結婚式も、原則として雨が降った場合でも結婚式は行います。

なぜなら、沖縄にある多くの式場は屋内と屋外のスペースを併設しており、雨天時でも結婚式や食事会ができるようになっているからです。

また、雨だからといって屋外でのセレモニーや撮影が即時中止になるとも限りません。もともと沖縄の天気は変わりやすく、つい先程まで大粒の雨が降っていたかと思えば、次の瞬間には晴れることも少なくないためです。

つまり「結婚式の最中は雨でも撮影時には晴天」など、沖縄の空模様は、当日その場になってみなければ分からないことも多いのです。

そのため現地のコーディネーターは、どのような天候でも臨機応変に動けるように、日頃から様々なケースを想定しています。万が一の雨でも、タイミングを見計らいながら状況に応じた判断をして、大切な一日をサポートしますので安心してくださいね。

なお、台風の直撃や豪雨など警報レベルの天候の場合は、ふたりやゲストの安全が第一です。旅行を伴う沖縄での結婚式は、飛行機の運航状況などによっても柔軟な対応が必要になるため、結婚式と旅行を一貫して手配しておくとスムーズでしょう。

|万が一の雨でも大丈夫!沖縄の結婚式当日を安心して迎える事前準備のコツ

では、結婚式当日に雨が降った場合に備えて、自分たちでもできること、やっておくとベストなことはあるのでしょうか。

もちろん「せっかく沖縄で結婚式を行うのに、雨のことなんて考えたくない」という人もいるでしょう。あくまでも心に余裕をもって当日を迎えるためのコツと考えてみてください。

具体的な例を紹介します。

・プランナーに雨天時の対応を確認しておく
・雨天保障プランに加入する
・雨が降ることを想定して式場や演出を選ぶ

まずはやはり、式場専任のプランナーに話を聞くことです。万が一、雨が降った場合に自分たちの結婚式場やスケジュールにはどのような影響が考えられ、実際にどう対応してもらえるのか。具体的にイメージできるだけでも、漠然とした不安が解消され、大きな安心感に繋がるでしょう。

雨天保障は、雨の影響でビーチなどでの撮影ができなかった場合に、別日で撮影可能なオプションです。結婚式のプロデュース会社や会場によって条件は異なりますが、結婚式から一定期間は再撮影が保障されます。ロケーションフォトにこだわりたいなら、入っておくと安心でしょう。

また、式場選びの段階から雨を想定しておく方法もあります。
例えば、天井がガラス張りのチャペルなら、晴れの日はもちろん、曇り空でも外の光が入るため明るい雰囲気のもと結婚式が叶います。食事会を開く場合は、窓が大きなパーティ会場だと、雨天時特有の暗さを感じにくいためおすすめです。

そのほかにも、ゲストの待合スペースが屋内にあるか、雨天時に使用できる撮影スポットの代案があるかなど、雨天が心配な場合は、プランナーのアドバイスを受けながら会場選びを進めるとより安心ですね。

|雨を味方に変える!?沖縄での結婚式には雨の日ならではのメリットも

雲ひとつない青空をイメージしていたのに、当日は雨が降ってしまった。仕方がないと思っていても「もし晴れていたら…」と考えないほうが難しいかもしれません。

しかし沖縄での結婚式の場合、雨の日ならではのメリットや、雨だからこそ叶う演出もあります。

例えば、フラワーシャワー。通常は屋外で行うことの多い演出ですが、雨天時はチャペル内に切り替えて実施することもあります。自分たちがこだわりをもって選んだチャペルに少しでも長く居られるのは、雨の日の特権です。

また、結婚式に欠かせないブーケは、雨の力でさらに瑞々しく華やかに咲くでしょう。レイニーシーズンにはゲストへお揃いの折り畳み傘をプレゼントして、フォトアイテムに変えたカップルもいました。

そしてなんと言っても魅力的なのが、ロケーション撮影です。雨の日の沖縄での結婚式で「一番心配なのは撮影」という人には、少し、いやかなり意外かもしれませんね。

しかしカメラマンの中には「雨天時の撮影こそ腕が鳴る」と意気込むスタッフもいるほど、雨の日はフォトジェニックなシーンに満ちています。
水が滴り色鮮やかさを増した草花、傘に入って寄り添うふたり、感動の涙に重なるかのような雨音など、非日常感に溢れる沖縄では、雨さえも普段にはない魅力や味を出してしまうのです。

<先輩カップルの声*>
・結婚式当日の天気予報を見る度に落ち込んでいましたが、現地に着いてびっくり。太陽が見えなくてもちゃんとブルーの海でした!沖縄の海は、雨の日でも綺麗なんだなぁと感動しました。

・雨がやんだ隙にロケーション撮影。もともとグリーンの自然が素敵で選んだ会場でしたが、葉についた雫や、色濃くなったハイビスカスが一層お洒落な雰囲気に。カメラマンさんやヘアメイクさんも「もっと撮りたい!」と私たち以上に盛り上がっていて、プロでも喜ぶ写真が撮れたんだと嬉しくなりました。

・あいにくの雨でしたが、ガラス張りのチャペルだったこともあり想像よりも明るい雰囲気で結婚式ができました。また、屋外であまり写真を撮れなかった分、晴天時の撮影ルートにはないレアな屋内スポットで撮影ができ、それはそれで良い思い出になりました。

*アールイズ・ウエディングの沖縄会場で結婚式を挙げたカップルの感想より


いかがでしたでしょうか。

沖縄に限らず、結婚式に天候への不安はつきものです。しかし、事前準備や心構えをするだけで、ぐんと気持ちが楽になることもあります。

特に沖縄は、リゾートだからこそ、雨天時にも可能性やメリットがあることをお伝えしました。
もちろん晴れるに越したことはありませんが、万が一のときは雨さえも味方に変えて、素敵な結婚式の一日を過ごしてくださいね。