1. TOP
  2. /
  3. News
  4. /

News

ニュース

CONTENTS

2023.10.17

沖縄挙式の費用相場は?挙式の予算と旅費はどのくらい?

国内の安心感がありながら、まるで海外のようなロケーションが人気の沖縄挙式。

コロナを経て少人数婚や家族挙式のニーズが高まり、ますます注目を集めています。
しかし、その費用や相場はまったく想像がつかない人も多いのではないでしょうか。今回は「実際にいくらかかるの?」「結婚式と旅費を合わせた総額は?」など、沖縄挙式の気になる費用についてまとめました。

■国内リゾートの沖縄は地元や海外に比べて挙式総額が低い!

本題に入る前に、まずは沖縄挙式と海外挙式・地元結婚式の費用差を見ておきましょう。

<結婚式費用の平均相場>
沖縄挙式  平均52.7万円*¹  ※挙式
海外挙式  平均117.1万円*² ※挙式のみ
地元結婚式 平均362.3万円*³

*¹出展「沖縄県観光振興課 令和2年沖縄リゾートウエディング統計調査結果(年間)」
*²出展「ゼクシィ結婚トレンド調査2020【海外ウエディング編】」(挙式費用の平均総額)
*³出展「ゼクシィ結婚トレンド調査2020」(「挙式、披露宴・ウエディングパーティー総額」より引用)

そもそも挙式費用は、参列人数で大きく変わるもの。家族や親しい人たちのみで行うことが多いリゾート婚は、地元の結婚式に比べて費用が落ち着きます。

また、上記の沖縄挙式と海外挙式にはパーティ(お食事会)の費用は含まれていません。リゾート婚は、披露宴の実施が一般的な地元結婚式とは異なり、会食の有無を自由に選べます。ご友人や職場の方へのお披露目は、後日、会費制のリターンパーティを実施するケースもあります。

あとはこちらに旅費が加わりますが、沖縄は海外に比べて旅費が安いため、総額をおさえやすくなります。さらに、パスポートの申請費用が不要など「初期の段階では見えにくいお金」の心配が少ない点もメリットです。
一方で海外の場合、ホテルステイやブランドショップ巡りなどを楽しみたい人は、余裕をもって予算を組んだほうがよいでしょう。最近は、円安や原油高騰の影響で燃油サーチャージの値上がりにも注意が必要です。

■沖縄なら滞在中のバリエーションが豊富!ホテルやフライトの選択肢も多く費用を調整しやすい

沖縄は、数ある国内リゾートのなかでも、圧巻のロケーションでウエディング人気No.1のエリア。美しい海に緑豊かな自然、ゆったりと流れる島時間は、訪れた人を非日常へと誘います。
また、本島や離島、観光地めぐり、名物料理、アクティビティからホテルステイ…など、滞在中のバリエーションも充実しています。ふたりとゲスト、それぞれのニーズに合わせて楽しめるのは大きな魅力ですよね。

では、実際に沖縄挙式をするためには、どれくらいの費用が必要でしょうか。
リゾートウエディングは「挙式」と「旅費」の『総額』で予算を考えなければなりませんが、本格的な準備が始まるまでよく分からなかったという声もあります。そこで、それぞれの内訳をお伝えします。

◆    沖縄挙式の平均費用(旅費を除く)
挙式・食事会の場合 約150万円*⁴
*⁴アールイズ・ウエディング調べ【参考:2020年実績。平均人数約10名】

お申込プランや商品によっては約120万円~170万円前後となります。詳しくはスタッフまでお問合せください。

前述のとおり、結婚式の費用は参列人数で変わりますが、特に影響を受けるのがお料理・お飲み物代です。そのため、挙式後のパーティ(食事会)をするかどうかで費用面に差が出ます。
また、同じ人数でも平均費用に幅があるのが特徴です。これは「衣装」「撮影」「料理・飲み物のグレード」「ギフト」など、人によってこだわりが異なり、内容に応じて金額が変わるためです。

いずれにしても一般的な挙式・披露宴に比べてリーズナブルなことが分かります。しかもこの費用のなかには、沖縄の美しいロケーションや大切な人たちだけでゆっくりと過ごす時間も含まれています。見た目の金額以上に得られるものが多いといえるでしょう。

◆    沖縄挙式の旅行費用
ふたりで 平均12~20万円 *⁵
*⁵アールイズ・トラベル調べ【参考:一人あたり6~11万円/3泊4日】(大型連休等の旅行ハイシーズンを除く)

沖縄挙式の旅費は、国内旅行にしては少しリッチに感じる人もいるかもしれません。
しかし、結婚式やハネムーンを兼ねた滞在となると「いつもより贅沢に過ごしたい」「普段は泊まれないホテルを選びたい」と考えるカップルも多いため、通常の旅行よりプラスになると考えたほうが安心です。

もちろん、滞在そのものに強いこだわりがなければホテルのグレードを下げて費用をおさえることも可能です。また、一日のフライトが複数便ある場合は、敢えて需要の少ない便を狙ってコストダウンするのもおすすめ。
沖縄の場合、多くの式場で、カップルは挙式前日の打合せに間に合えば問題ありません。せっかくの結婚式、前半はゆっくり現地へ向かい、無事に挙式が結んでから沖縄を満喫するプランもありですね。

沖縄挙式は、観光・ホテル・フライトなど、それぞれの選択肢が多い分、旅費の調整をしやすい点も大きなメリットです。これはゲストにとっても同じことがいえます。

■さらに費用をおさえるなら平日や旅行のオフシーズンがねらい目!

沖縄挙式の費用は、年間を通して大差はありませんが、少しでもおさえるなら以下の点もチェックしておきましょう。

まず、土日祝日の挙式は、多くのカップルとゲストが「行きやすい」「休みを取りやすい」ことで希望者が増えます。そのため、追加代金を設定している式場がほとんどです。
また、気候や旅費が落ち着いた時期=ウエディングの人気シーズンで追加費用が発生する場合も。それだけ選ばれていることの裏返しですが、費用を少しでもおさえたい場合は、平日や挙式のオフシーズンを選ぶのもおすすめです。

また、一般的な長期休暇や大型連休はどうしても旅費が上がりやすく、通常の2~3倍近くになる場合もあります。もし他の時期を選べるようであれば、旅行面でもオフシーズンを検討するとよいでしょう。

<まとめ>

・沖縄挙式は“国内リゾート”だから総額をおさえやすい
・滞在のバリエーションが豊富な沖縄は、ホテルやフライトの選択次第で旅費の調整が可能
・さらに総額をおさえるなら平日挙式やオフシーズンもおすすめ

たくさんの魅力が詰まったエリアでありながら、こだわりや予算に合わせて実現できる沖縄挙式。ふたりの人生の“はじまり”と“思い出”の場所として、ぜひ検討してみてくださいね。