1. TOP
  2. /
  3. News
  4. /

News

ニュース

CONTENTS

2023.10.30

沖縄旅行の魅力!宮古島編〈後編:宮古島のおすすめ観光は?〉

沖縄を代表する離島のひとつ「宮古島」。美しい宮古ブルーの海が広がる宮古島には、アクティブ派からのんびり派まで、誰もが楽しめる魅力が詰まっています。観光スポットも豊富なため、目的に合わせて行き先やプランを決めましょう。今回は、宮古島で叶う旅の過ごし方をいくつかご紹介します。

■宮古島といえば、やっぱり海!海水浴とマリンアクティビティ

東洋一の美しさと称される「与那覇前浜(よなはまえはま)」は、宮古島の人気ナンバーワンビーチ。目の前に広がる宮古ブルーのグラデーションと、約7キロメートルにも渡る白い砂浜は、宮古島の代名詞といっても過言ではない名所中の名所です。
与那覇前浜ビーチで叶うマリンスポーツは、ジェットスキー、バナナボート、シュノーケリングなど大充実。パラソルなどのレンタルグッズが豊富なほか、売店、シャワールームが隣接している点も海水浴では嬉しいポイントです。天然ビーチとしては珍しく監視員もいるため、子連れやマリンスポーツ初心者でも安心。これぞ宮古島の海を思う存分に体感したいなら、まず行っておいて間違いないスポットです。

ダイビング体験には、島北部に位置する「八重干瀬(やびじ)」がおすすめ。八重干瀬は日本最大級のサンゴ礁群で、大きさはなんと宮古島の約10分の1に値します。カラフルな熱帯魚たちと一緒に、壮大な海の世界を冒険してください。また、美しい海を誇る宮古島にはウミガメがたくさん生息しています。各地でウミガメと一緒に泳げるシュノーケリングツアーが実施されており、夢のような体験ができるかも。高確率で遭遇できるスポットをチェックして、一生モノの思い出を作るのも素敵ですね。

マリンアクティビティにはいずれも催行条件がありますが、ほとんどが初心者大歓迎のプラン。透明度が高い宮古島の海を舞台に、思い切って挑戦してみてはいかがでしょうか。

■美しい宮古島に癒されながら、のんびりロケーション散策

宮古島は景勝地にも恵まれた島です。日中の絶景を眺めるなら、国の名勝にも指定された「東平安名崎(ひがしへんなざき)」がおすすめ。先端の白い灯台がシンボルで、東南2キロメートルにも渡る細長い岬からの見晴らしは圧巻です。さらに宮古島の最北端にある「西平安名崎(にしへんなざき)」は、サンセットの名所。夕暮れに合わせて向かえば、壮大でロマンチックな景色に出会えます。

また、宮古島のビーチはアクティブに過ごすだけが魅力ではありません。早朝、澄んだ空気と静かな波音の中で行うサンライズヨガや、旅の合間に波打ち際でぼーっと眺める海も至福です。宮古島の西部に位置する「砂山ビーチ」は、数あるビーチの中でも美景散策にぴったり。砂丘を登って視界が開けた先に、息を吞むほど美しいロケーションが広がる瞬間は感動もの。白くてサラサラのパウダーサンド、穏やかな波音にも癒されます。

そして宮古島の美しさは夜まで続きます。偏西風の影響を受けず夜空がくっきりと見えるといわれる宮古島では、星空ツアーも人気。”星が降り注ぐ”を体現したかのような満天の星空に包まれながら、旅の一日を感動的に締めくくります。

朝・昼・夜と、それぞれの景色を眺めるだけで心が満たされる宮古島。敢えて予定を詰め込まず、宮古島の美しさに触れる時間をたっぷり作ってみてはいかがでしょうか。

■感動必至!宮古島をドライブするなら”4つの島巡り”がおすすめ

宮古島と隣接する4つの島々(総称:宮古諸島)はすべて橋で繋がっています。つまり船移動いらず。丸一日あれば車で宮古諸島をコンプリートできるため、沖縄本島や石垣島に比べて、宮古島は島巡りがしやすいと言われています。

宮古諸島を巡る道中は、絶景のドライブコース。特に有名なのは伊良部島(いらぶじま)を結ぶ「伊良部大橋」で、全長3540メートルもの超大型ブリッジは、通行無料の橋として国内最長*を誇ります。視界の先にはサンゴ礁が透けて見えるほどの透明度が高い宮古ブルーが広がり、まるで海上を走っているかのような気分に。数ある沖縄の離島の中でも、宮古島だからこそ叶うダイナミックで爽快なドライブタイムです。

また伊良部島に繋がる下地島(しもじしま)には、2019年に「みやこ下地島空港ターミナル」が新設されました。”空港を楽しむ”をコンセプトに作られた施設だけに、航空便の利用者以外も満喫できるスポットが集まっており、写真映え間違いなしの島グルメやお土産を求めて足を運ぶのもおすすめです。ほかにも下地島は、海に繋がる池の底に巨大な洞穴が開いた「通り池」が有名。神秘的で美しいパワースポットは、国の名勝と天然記念物に登録されています。

さらに宮古島は「来間大橋」で結ぶ来間島(くりまじま)や「池間大橋」の先にある池間島(いけまじま)も隣接しています。いずれも島自体はコンパクトで、観光やグルメを楽しみながら周れます。車を走らせるほど五感が躍る、宮古島ならではの島巡りをぜひ楽しんでください。

*スタート地点の久貝地区から伊良部島東南部までの距離(6500メートル)を指す


以上が、宮古島で叶う旅の一例でした。ほかにも宮古島には、市街地の平良(ひらら)タウンを中心に島グルメを食べ歩いたり、リゾートホテルで贅沢に過ごしたりと、宮古島ならではの楽しみ方がたくさんあります。宮古島の魅力をさらに知りたい人は、下記の記事も参考にしてみてくださいね。

沖縄旅行の魅力!宮古島編〈前編:宮古島ってどんな島?〉

<まとめ>

・宮古島といえば、やっぱり海!アクティブ派はマリンスポーツを楽しもう
・宮古島の旅に癒しを求めるなら、敢えて予定を詰め込まないロケーション散策を
・宮古島だからこそ叶う絶景&爽快のドライブコースで島巡りもおすすめ

たくさんの魅力が詰まった宮古島。
何度でも足を運びたくなる宮古島を、大切な旅の行き先に選んでみてはいかがでしょうか。